トップページ > 館長のヒトリゴト

館長のヒトリゴト

二つの講座、「即興芝居」と「和妻」体験

2017.06.25

午前中は即興パフォーマンス集団ロクディム〈6-dim〉の伊坂亮氏(芸名:りょーちん/佐久市出身)を

迎えて”COSMO☆アカデミア”メンバーへの即興芝居の指導。

即興芝居はインプロと呼ばれ海外ではポピュラーですが、

日本では馴染みが薄くアカデミアメンバーにとっても当然のことながら初の挑戦です。

先が決まっていない中でストーリーを即興で組み立てて行く。

いきなりは無理なのでワークショップを重ねながら体験を繰り返し、

仕上がり次第ではありますが発表できるまで高めたいと考えています。

もちろんロクディム公演(9月24日(日)14:00~(予定))の前舞台としてですが。

 

P1030629

 

午後はPASの第38回、古典芸能シリーズ第2弾「和妻」体験講座です。

講師・演者はKYOKO氏(ドルフィンマジック・カンパニー所属)、後見は加藤明彦氏。

加藤氏の前口上に続き雅やかな和装姿でKYOKO氏が登場。

前半は4演目、その合間合間に紙芝居による「手妻の歴史」や実際の体験場面が加わって、

大いに盛り上がっての中休み、休憩をはさんで、さて後半へ折り返しです。

「袋玉子」の演目から始まり、「見立て」の芸の解説、

また体験シーンと休む間もなく次々にプログラムは進んで行きます。

圧巻は最近はほとんど見る機会がない「南京玉すだれ」、

参加者の打つ手拍子に合わせ、玉すだれが様々な形に変化する様を心から堪能しました。

最後は本口上と「日本せいろ」と呼ばれる演目によって講座は終了です。

参加者68人(満員札止め)の皆さまにとって、

演者との距離を感じさせないコスモの小ホールらしさが活かされた、

一体感に包まれた楽しい体験講座だったんではないでしょうか。

そして改めてこの国の伝統文化の奥深さを実感できる一時となったはずです。

 

和妻(3)

 

和妻(2)

 

和妻(1)



シリーズ第1弾「キッズ落語」体験講座

2017.06.11

いよいよパフォーミング・アーツ・スタジオ(PAS)の古典芸能シリーズが始まりました。

トップを飾ったのは「キッズ落語」体験講座、13:30~コスモホール(小ホール)。

講師は今年の3月に花形演芸大賞銀賞に輝いた実力派の三笑亭夢丸師匠です。

新幹線佐久平駅にお迎えにあがった時点から終始ニコニコ、車中もニコニコ、

丸ごと笑顔が似合う噺家さんのコスモ入りは11時ちょい過ぎ。

到着後さっそく会場の下見、即席であつらえた高座にご満悦ながらも観客との距離の遠さを心配して移動。

この辺りのお客さまへの気づかいは流石と言うほかありません。

さて時間通りに始まった講座、出囃子に乗って満面の笑みを湛えた師匠が登場です。

最初に落語の基本解説や、所作の説明、そして小道具(扇子や手ぬぐい)の扱い方やさばき方で、

どう見せるのかなどを実際に紹介、演じていただきました。

前半は「他行」と「牛ほめ」の噺を二題聞いて休憩に。

後半は実際にキッズが「落語」にチャレンジ、本日の講座タイトルの実践です。

師匠の法被を着せてもらって座布団のさばき方や扇子の扱い方を体験。

さらに師匠の手ほどきで、簡単な小咄を披露して会場からの笑いと拍手を誘ってくれました。

最後に「鷺とり」と題された、少し長めの噺を聞いて実演は終了です。

いや、子どもたちが落語に触れて、こんなにもケラケラ大笑いしながら親しんでくれるとは…。

子どもたちにとって今日の経験は、次に訪れる確かなキッカケ作りとなったはずです。

終了後、名残を惜しむように師匠と記念写真を撮ったりする親子もいれば、

すっかり打ち解けて会話が弾む和やかな交流の時間も提供でき、

師匠の好感度と相まってシリーズは大満足の滑り出しとなりました。

日本人として「古典芸能」を愛しむ心を、子どもたちと一緒に見つめ直したいと思います。

次回は6月25日(日)、第2弾「和妻」体験講座。

 

キッズ落語 (1)

 

キッズ落語 (2)



野外イベントや催事が大盛況

2017.05.28

5月最後の週末は各地でイベントや催事が目白押し。

薫風にも誘われてどこから訪ねるか迷ってしまうほどです。

お天気にも恵まれていずれの会場も大盛況の様子。

そんな中、佐久市内の二つのフェスティバルをご紹介します。

27日(土)はパラダ(佐久平ハイウエイオアシス平尾山公園)において、

花と緑と動物「ふれあいフェスタ2017」。

ファミリーも多く公園内に咲き香る草花に癒されたり、

ステージでのアトラクション(ご当地ゆるキャラじゃんけん大会やなおやマン・ショーほか)、

園内の多くのイベントに興じていらっしゃいました。

28日(日)は、ミレニアムパークで「GOEN FESTIVAL 2017 SAKU」です。

こちらは10時から催しが始まりました。私が会場に到着したのはお昼を少し回ったころ、

フェスティバル実行委員長(中村元計氏)が代表を努める「KAZAN ALL STARS」がライブ真っ最中。

観客を巻き込んで大いに盛り上がっていました。

パーク前路肩にはフード・カーが数台出店、クレープ・ラーメン・バーガー等に人だかりができており、

またテント群では展示やバザー・雑貨等の販売もあって内容は実に盛り沢山です。

「KAZAN ALL STARS」のライブ以外にも地元のダンスチームやバレエ団、さらにジャズ演奏などもあって、

多くの来場者が思い思い楽しんでいる姿が印象に残りました。

こう言った”アウト・ドア”におけるイベントやステージ・ショーの盛況ぶりを目の当たりにすると、

”イン・ドア”での催しやプログラム選びの難しさに頭を悩ますこととなります。

「ここに居合わせた人を全て呼び込みたい!」

来場者の数の多さに、こんな気持ちを抱くホール関係者は多いのではないでしょうか。

 

P1030381

 

P1030384



「キッズ・サーキット」入場パスポート

2017.05.16

長野県内では最大規模となる、児童・青少年のための舞台芸術フェスティバル、

「キッズ・サーキット in  SAKU 」2017が昨年に続いて今年の夏も行われます。

この入場パスポートが5月3日(水・祝)、バルーンフェスティバル会場で発売となりました。

これに合わせて会場内特設ステージとイオン佐久平店(セントラルコートの特設ステージ)で、

プレジャーBによる「キッズ・サーキット in  SAKU 」のPRミニライブ・ショーが行われました。

プレジャーBは昨年の第一回で大人気だった芸達者なコメディクラウン集団です。

好感度抜群の彼ら…彼女かな? どこに行っても人々をひきつけて飽きさせません。

プレジャーBに限らず今年も18団体19作品を佐久市内の8会場で一斉にご覧いただけます。

ぜひ入場パスポートをお買い求めの上、大満足の夏休み3日間をお過ごしいただきたいと思います。

そして6月1日(木)からは、いよいよ事前鑑賞予約も始まります。

予約すれば最大4作品の鑑賞が保障されます。

この事前鑑賞予約には必ず入場パスポート(パスポート番号)が必要となるため、5月中にパスポートを手にされてはいかがでしょう。

コスモホールほか市内各プレイガイドで購入できます。

入場パスポート購入 → 事前鑑賞予約(6月1日~) → 安心して公演を鑑賞

この仕組みを頭に描きつつ、ご覧になりたい作品をお選びください。

 

イオン

 

こい祭り



本日「キッズ・サーキット」製作発表

2017.04.26

「キッズ・サーキット in  SAKU」2017の製作発表会を行いました。

 日時:2017年4月26日(水) 13:10~13:40  

 場所:佐久市コスモホール(小ホール)

 出席者:

 エグゼクティブ・プロデューサー  栁田清二 佐久市長

 実行委員長            楜澤晴樹 教育長

 日本・児童青少年演劇劇団協同組合 長谷詔夫 専務理事

 総合プロデューサー兼芸術総監督  奥村達夫 佐久市文化事業団館長兼芸術監督

 

キッズ・サーキットは昨夏から始まった児童・青少年のための舞台芸術フェスティバルの名称。

第2回目となる今年は海外2団体(フランス・イタリア)の招へいと合わせ、

18団体19作品22公演を予定しています。

パスポート(会期中何回でも使用可)の前売開始は5月3日(水)12:30~、

佐久バルーンフェスティバル会場の特別販売から始まります。

今年の夏もパスポートを手にして、感動のシャワーを浴びに市内ホールに繰り出しましょう!

 

■PRステージ 5月3日(水)12:30~13:00  佐久バルーンフェスティバル会場特設ステージ

        5月3日(水)15:00~15:30  イオン佐久平店(セントラルコート特設ステージ)

 ※昨年大人気だったプレジャーBによる「大爆笑ミニ・サーカス」ライブショー!!

 

■広報  ”週刊さくだいら” 4月27日(木)発行号に

     「キッズ・サーキット」の保存版チラシが挟み込まれています。必ずお手元で保管ください。

 

キッズ会見



前の5件≫