トップページ > 館長のヒトリゴト

館長のヒトリゴト

平成29年度、自主事業の紹介

2017.04.20

市のネットセキリュティ強化と相まってWebシステム関連で調整が長引き、

およそ1ケ月ほどブログの更新が出来ませんでした。やっと本日より再開です。

さて公共ホールが単なる舞台と客席をもった「建物」ではなく、専門的なサービスを提供する「機関」と意義付けた、新劇場法が施行されてまもなく5年目を迎えようとしています。この間、私たち佐久市文化事業団もより良いプログラムや様々なミッションを掲げて皆さまをお迎えしてまいりました。

中でも芸術体験に特化したパフォーミング・アーツ・スタジオ(通称:PAS)、更に内容を充実させて春季は、「キッズ落語」、「和妻」、「紙切り」、「狂言」の4講座を“古典芸能シリーズ”として開講。

古典芸能の神髄が真近で見られるばかりか同時に体験まで出来てしまう目玉企画! ※4講座とも無料

一方アウトリーチ事業では、新たに佐久平交流センターでの「ランチタイムコンサート」が6月からスタートするほか、恒例となった近代美術館でのミュージアム・コンサートも実施。なお第3弾となる大好評オペラハイライトも現在計画中なのでご期待ください。

また昨夏から始まった県内では最大規模となる、児童・青少年のための舞台芸術フェスティバル「キッズ・サーキット in  SAKU」、今年は8月4日(金)~6日(日)までの3日間の開催。

海外からの招へいと合わせ18団体22公演が市内各ホールで一斉に行われます。

さらに9月10日(日)、世界中で同時開催されている「セプテンバーコンサート」を予定しています。

佐久から平和の音色を奏でてまいりましょう。

そして11月26日(日)には、世界に冠たるビッグバンドの一つ、

「グレンミラーオーケストラ」佐久公演が実現します。

詳細は随時、広報やチラシ・ポスター等でご案内してまいります。これからも“明日への活力”となる芸術文化を提供する「機関」と位置付け歩んでまいります。ご理解ご協力を賜わり一人でも多くの方々にホールに足をお運びいただきますようお願い申し上げます。

(一財)佐久市文化事業団館長兼芸術監督 奥村達夫

 

コスモホール正面玄関



地域に育つ演劇集団、公演迫る!

2017.03.05

佐久市文化事業団の芸術体験講座「通称:PAS(パス)」から発展して誕生した、

「コスモ☆アカデミア」の公演を、来る3月26日(日)13:30開演(開場13:00)

佐久市コスモホールの小ホールで行います。

地元に暮らす(軽井沢や佐久穂町からも参加)演劇好きな老若男女が集まり、

週末を利用して1月からお稽古を続けています。

演劇はなかなか採算が取れず、映画やテレビなどコピー文化を消費財と捉えるなら、

芸術の中でも特に消費できないことに有効性を見出すメディアではないでしょうか。

反面、等身大の人間が声を発し、仕草や態度で表現する面白さは格別で、

電気の力に頼らない不変のアナログさは、

人間が失ってはならない伝達手段の全ての始まりでもあります。

さて第3回目となる今回は、舞台劇「天才バカボンのパパなのだ」(作:別役実)。

警察署長と巡査たちが赤塚不二夫の世界に入り込んで繰り広げる、ちょっと不思議な物語。

バカボン、パパ、ママたちの世界では何が語られ、どんなお話が待っているのでしょう。

佐久市では多分、初となる不条理劇のお披露目。

その不条理な世界にいったん迷い込めば、思わず笑っちゃうばかりか、何と…。

客席120人の濃密な空間の中、地域で育つ、地域のためのコスモ☆アカデミア公演。

チケット(舞台づくり協力金として500円)は残り僅かとなっています!

是非ご覧ください!!

 

IMG_0027バカボン

 

 



満員御礼 オペラハイライト「椿姫」・他

2017.02.01

今、佐久の音楽シーンが面白い!

こんなキャッチコピーでご案内しましたオペラハイライト第2弾は、

佐久市文化事業団のアウトリーチ事業”心が豊かになる音楽への招待”の一環として、

少々敷居の高いオペラ公演を普段着感覚でお楽しみいただけるよう企図したものです。

第一部はオープニングアクト”ガラ風コンサート” モーツアルト作曲「フィガロの結婚」。

第二部が”オペラハイライト” ベルディ作曲「椿姫」。

前者がオペラブッファ(喜劇)なら後者が悲劇と対極に近いストーリー作品を取り上げました。

1月29日(日)、会場は佐久平交流センターで開演は14:30から。

当日券もあっという間に売り切れてソルドアウトです。

「フィガロの結婚」はオーディション合格者の安曇野出身の岡村美和子(ソプラノ)さんらに、

配役にあわせて楽曲のみを歌っていただきました。

「椿姫」は一般公募した26人の市民合唱団も交え、

華やかな夜会シーンの幕開きから最終場までを文字通りハイライトで紹介いたしました。

作品はパリ(仏)の社交界を舞台にした高級娼婦のヴィオレッタと、

青年アルフレードの哀しい愛の物語。ヴィオレッタ役はオーディション合格者の大音絵莉さん(ソプラノ)、

アルフレード役は地元出身の藤牧正充さん(テノール)。

他に谷友博さん(バリトン)や小泉詠子さん(メゾソプラノ)など素敵な出演者たちが、

見事な歌声を披露してくださいました。

アーティストにとってもご来場のお客様にとっても心に残る一時ではなかったでしょうか。

さてオペラハイライト企画は今後も継続したいと思っていますが、

なんせ前例となるテキストや構成もなく、一から全てを立ち上げなくてはならず難作業の連続です。

これを乗り越えながらの第3弾となりますので、準備が整うまでの間しばらくお時間をいただければ幸いです。

 

ブログ写真①

 

ブログ写真②

 

 

 

 

 



佐久市の芸術文化を考える

2017.01.24

本日13:30から、コスモホールの会議室で行いました。

題して

「佐久市の芸術文化、その現状を語り明日を考える会」

佐久市文化事業団の館長に就任して早いもので間もなく3年が過ぎようとしています。

この間、沢山のイヴェントや発表会に立会い(鑑賞も含めて)、

また事業団としても数々のプログラムを実施、かつ新たなミッションにもチャレンジしてまいりました。

その中で思ったことも多々あり、

さらに工夫や協力・あるいは広報など色々な場面で連携を図れば、

もっともっと大きな広がりや事業の成功に繋がることが沢山あるのではと感じていました。

ところがこうしたことを共に語り考える場や組織が見当たらず、

相談したくとも一人で解決や解消を図るしか術がない現状です。

そこで実際にイヴェントや事業を手掛けるとともに、ご自身もアーティストやプレイヤーとして

活躍中の方々に呼びかけて、共通の悩み等を本音で語り合える場を設けることとしました。

参加者は私も含め10名。

話し合いの内容については字数のこともありこのブログでは紹介できませんので、

事業団広報情報番組「ライブ TO  ハート」(ケーブルTV)等でお伝えする予定でいます。

ともかく「やれば出来ることがまだまだ沢山ある」、こんな議論の深まりがあったことは確かです。

 

ブログ用写真

 



第二回 リーディングシアター

2017.01.22

早いもので1月も三分の2が過ぎ去ってしまいました。

大きな話題は20日にアメリカ第45代大統領にトランプ氏が就任したこと。

さて日本にとって、また世界にとってどんな旋風が巻き起こる年になりますでしょうか。

海外の話題はさておきご挨拶が遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

年明け初の事業団主催事業はPASの体験講座からスタート。

13:00から朗読講座、そして15:00からは「リーディングシアター」でした。

講師であり出演はもうお馴染みとなった俳優であり、

日本で唯一のバリアフリー活弁士の檀鼓太郎氏。味わい深いシャベリの達人です。

そして今回はテアトルエコーから俳優の吉川亜紀子氏と早川諄氏にも来佐久いただきました。

朗読講座は身体や顔の筋肉をほぐす体操や発声など基本からはじめ、

感情の入れ方や表情の作り方などのワンポイントレッスンの数々。

和やかな中にも皆さん真剣に聞き入り、一節を読みながら試されていました。

そして講座参加者に新たな観覧者を交えて「リーディングシアター」です。

檀氏が、きむらゆういち作「あらしのよるに」と斎藤隆介作「三コ」の二題。

早川氏が宮沢賢治作「注文の多い料理屋」、吉川氏が芥川龍之介作「蜘蛛の糸」をそれぞれリーディング。

朗読に決まったスタイルやルールはありません。

三人三様の心を込めた語りに、文学の世界は大きく広がり、深い感動と楽しさに包まれた一時となりました。

今回は訓練された俳優たちの世界観に触れていただきました。

今日を参考にリーディングの機会があれば活かして欲しいと思います。

さて来週は佐久平交流センターにおいて14時30分から、

本当に”オモシロいオペラハイライト”の第2弾、

モーツアルト作曲「フィガロの結婚」&ヴェルディ作曲「椿姫」の公演があります。

お席も残り少なくなっていますのでチケットはお早めにご購入ください!!

 

ブログ用写真①

 

ブログ用写真②

 



前の5件≫