トップページ > 館長のヒトリゴト

館長のヒトリゴト

PASは「狂言」体験講座、アウトリーチは美術館でした

2017.07.23

本日、コスモホール(小)では、13:30から「狂言」体験講座がありました。

こちらはPAS古典芸能シリーズ4講座を締めくくる最終回となります。

講師は大蔵流の能楽師大蔵彌太郎氏と一番弟子である吉田信海氏のお二方。

ホール到着後から入念な打ち合わせ、何せ当小ホールの床は一面カーペットです。

表現するにあたっては何かと不自由があり、その対策のため上敷を準備しました。

さて講座ですが、「狂言」の起源や仕草、また役割などが解説された後、

”しびり”と言う演目を披露していただきました。

そしていよいよ体験へ。

”立ち方”、”座り方”、”すり足”などに挑戦し、”謡(うたい)”についても種々実践。

最後に「寝音曲」と呼ばれる演目をを鑑賞し、「笑い止め」にて終了となりました。

古典芸能シリーズはお陰様をもちまして大盛況で終えることができました。

ご参加くださった方々にお礼申し上げるとともに、

満員札止めにてご参加いただけなかった皆さま、是非次の機会には足をお運びくださいませ。

 

IMG_0461

 

そして佐久市近代美術館では当事業団によるアウトリーチ事業、

「心が豊かになる音楽への招待」の一環として11:00からと14:00からの2回、

”ヴァージナルの調べ”と題して上薗未佳さんのコンサートを行いました。

ちょうど美術館では、「美術館に行こう! ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方」

とのタイトルで、ミッフィーの生みの親でオランダを代表するグラフィックデザイナーである

ディック氏の企画展の真っ最中。

絵画に囲まれて演奏を聴く機会は少ないため、来館中の多くの方々にお楽しみいただきました。

曲はヴァージナルの音色に相応しい「騎士の歌」による変奏曲、「ウィロビー卿の帰館」ほか。

今日のように自主事業が重なると主催者としては大わらわですが、

お客さまに喜んでいただけるなら苦になりません。

外は久々の雨模様、降りしきる雨をものともせず、

会場間を何度も行き来するなど職員・スタッフは大活躍の一日となりました。

 

ミュージアムコンサート



PAS古典芸能シリーズ第3弾「紙切り」

2017.07.09

7月9日(日)13:30~15:00 コスモホールの小ホールです。

古典芸能シリーズの中では一番の人気をいただいた「紙切り」入門講座、

定員40人のところ50人まで増やしましたが早々に満員札止めとなってしまいました。

講師は寄席300年の歴史を覆し、初の女性”紙切り”となった林家花さん。

長い歴史がありながら女性が輩出されなかった理由を尋ねれば、

「修行に時間がかかりすぎて経済的に自立するのが難しいんじゃ…」との答えが。

やはり芸の道だけで生きていくのは本当に難しいようです。

と言うことで、高座唯一の女性”紙切り”の花さん、

「花」だけに華も備わって着物での立ち振る舞いや仕草は何とも魅力的。

実演はお客さまとお喋りをしつつ器用に鋏を操って作品を仕上げて行きます。

一作あたり2~3分くらいでしょうか?

”舞子さん”や”風鈴と若い女性”即興で似顔絵”など見事な出来栄えに、

会場から大きな拍手が沸き起こっていました。

続いての体験コーナーでは実際に見本の絵を参考に参加者自身が切り抜きます。

簡単な絵柄(カメやうさぎ等)ながら鋏を使って切ってみれば何とももどかしく難しい。

各々童心に返ったように(子どもたちは子どもたちなりに)、押し黙って夢中で紙を切っていました。

時には切り抜きの余りの不味さに大きな笑い声も飛び出し何とも愉快な講座模様。

最後に「長崎ぶらぶら節」の踊りを披露いただいて終了。

完成作品は各自持ち帰ることとなり皆さん大喜び、大事そうに封筒に納めていらっしゃいました。

次回はいよいよ古典芸能シリーズの最終回となります。乞うご期待!

 

information

 

7月23日(日)13:30~15:00 コスモホール 小ホール

 

大蔵流狂言師 大蔵彌太郎氏を迎えての「狂言」体験講座。

まだ若干ですが申し込みを受付ています。急ぎご応募ください!

 

★紙切り

 

★紙切り(2)



ランチタイムコンサート

2017.06.29

本日30日はプレミアムフライデー(月末の金曜日)、

そしていよいよ「ランチタイムコンサート」が始まりました。

食事も提供されなければ通常のコンサート(演奏会)とは趣も異なります。

お昼時のわずかな時間(30分ていど)を活用した佐久市では多分これが初の試みではないでしょうか?

間違っていたらごめんなさい。

”お腹と一緒に心も満たしていただこう”、そんな思いも込めて、

佐久市文化事業団と佐久市振興公社の業務提携をきっかけに新たに誕生した事業です。

会場は佐久平交流センターで時間帯は12:10~12:40、

記念すべき第1回目の出演者は上田市在住のプロギタリストの白柳淳氏です。

何事も新しいことを始めるときは心が弾む反面、いろいろ心配や気がかりなことが頭を過ります。

こと今回は”聞きなれない”あるいは”耳馴染まない”名称のコンサートでもあり、

お客さまの入り具合と合わせ、時間も短いため、会場に着いたら終わっていた…。

こんなことも起こりそうでスタッフ一同いつになく緊張気味で今日を迎えました。

さて実際はお客さまの入りも決して悪くはなく、

短時間ながら皆さん心地よさそうにギターの調べに耳を傾けホールを後にされました。

主催者としては満足のいく上々の滑り出しではなかったでしょうか。

これから夏本番、ひとときの涼を求めてでも構いません。多くの皆さまのご来場をお待ちしています。

 

ランチタイムコンサート6.30

 

information〈7月のランチタイムコンサート〉

 

7月28日(金)12:10~12:40  佐久平交流センター  【入場無料】

出演:岡村実和子(ソプラノ歌手) / 原いづみ(ピアノ)

曲目:オペラ「椿姫」「ラ・ボエーム」より・「夏の思い出」・「サマータイム」・他

 

※お馴染みの曲からオペラまで、ソプラノの美しい歌声をお楽しみください

 



二つの講座、「即興芝居」と「和妻」体験

2017.06.25

午前中は即興パフォーマンス集団ロクディム〈6-dim〉の伊坂亮氏(芸名:りょーちん/佐久市出身)を

迎えて”COSMO☆アカデミア”メンバーへの即興芝居の指導。

即興芝居はインプロと呼ばれ海外ではポピュラーですが、

日本では馴染みが薄くアカデミアメンバーにとっても当然のことながら初の挑戦です。

先が決まっていない中でストーリーを即興で組み立てて行く。

いきなりは無理なのでワークショップを重ねながら体験を繰り返し、

仕上がり次第ではありますが発表できるまで高めたいと考えています。

もちろんロクディム公演(9月24日(日)14:00~(予定))の前舞台としてですが。

 

P1030629

 

午後はPASの第38回、古典芸能シリーズ第2弾「和妻」体験講座です。

講師・演者はKYOKO氏(ドルフィンマジック・カンパニー所属)、後見は加藤明彦氏。

加藤氏の前口上に続き雅やかな和装姿でKYOKO氏が登場。

前半は4演目、その合間合間に紙芝居による「手妻の歴史」や実際の体験場面が加わって、

大いに盛り上がっての中休み、休憩をはさんで、さて後半へ折り返しです。

「袋玉子」の演目から始まり、「見立て」の芸の解説、

また体験シーンと休む間もなく次々にプログラムは進んで行きます。

圧巻は最近はほとんど見る機会がない「南京玉すだれ」、

参加者の打つ手拍子に合わせ、玉すだれが様々な形に変化する様を心から堪能しました。

最後は本口上と「日本せいろ」と呼ばれる演目によって講座は終了です。

参加者68人(満員札止め)の皆さまにとって、

演者との距離を感じさせないコスモの小ホールらしさが活かされた、

一体感に包まれた楽しい体験講座だったんではないでしょうか。

そして改めてこの国の伝統文化の奥深さを実感できる一時となったはずです。

 

和妻(3)

 

和妻(2)

 

和妻(1)



シリーズ第1弾「キッズ落語」体験講座

2017.06.11

いよいよパフォーミング・アーツ・スタジオ(PAS)の古典芸能シリーズが始まりました。

トップを飾ったのは「キッズ落語」体験講座、13:30~コスモホール(小ホール)。

講師は今年の3月に花形演芸大賞銀賞に輝いた実力派の三笑亭夢丸師匠です。

新幹線佐久平駅にお迎えにあがった時点から終始ニコニコ、車中もニコニコ、

丸ごと笑顔が似合う噺家さんのコスモ入りは11時ちょい過ぎ。

到着後さっそく会場の下見、即席であつらえた高座にご満悦ながらも観客との距離の遠さを心配して移動。

この辺りのお客さまへの気づかいは流石と言うほかありません。

さて時間通りに始まった講座、出囃子に乗って満面の笑みを湛えた師匠が登場です。

最初に落語の基本解説や、所作の説明、そして小道具(扇子や手ぬぐい)の扱い方やさばき方で、

どう見せるのかなどを実際に紹介、演じていただきました。

前半は「他行」と「牛ほめ」の噺を二題聞いて休憩に。

後半は実際にキッズが「落語」にチャレンジ、本日の講座タイトルの実践です。

師匠の法被を着せてもらって座布団のさばき方や扇子の扱い方を体験。

さらに師匠の手ほどきで、簡単な小咄を披露して会場からの笑いと拍手を誘ってくれました。

最後に「鷺とり」と題された、少し長めの噺を聞いて実演は終了です。

いや、子どもたちが落語に触れて、こんなにもケラケラ大笑いしながら親しんでくれるとは…。

子どもたちにとって今日の経験は、次に訪れる確かなキッカケ作りとなったはずです。

終了後、名残を惜しむように師匠と記念写真を撮ったりする親子もいれば、

すっかり打ち解けて会話が弾む和やかな交流の時間も提供でき、

師匠の好感度と相まってシリーズは大満足の滑り出しとなりました。

日本人として「古典芸能」を愛しむ心を、子どもたちと一緒に見つめ直したいと思います。

次回は6月25日(日)、第2弾「和妻」体験講座。

 

キッズ落語 (1)

 

キッズ落語 (2)



前の5件≫