トップページ > 館長のヒトリゴト

館長のヒトリゴト

みんなで身体を動かしましょう

2017.12.17

土曜日の午後、昨年に続いて”ジュニア・リズム体操クラブ合同発表会”がコスモホールでありました。

主宰者であり指導は高橋さい子先生です。

幼時から小学校6年生まで約70名が全14曲を踊りきってあっという間のフィナーレへ。

微笑ましくってクラブの皆さんから元気を沢山もらいました。

イギリスで最も古く権威ある学術団体のロイヤル・ソサイティ(王立協会)によると、

日常生活のダンスの効能は、友人や仲間たちと踊った時にのみ、健康状態を示すマーカーが

上昇することが分かったそうです。

全身を使って踊ることは多幸感をもたらす脳内麻薬「エルドルフィン」が多量に分泌され、

これによってストレスを和らげ、精神的にも健康をもたらしてくれる他、社会的連帯感を高める作用もある。

さらに心地よい陶酔感や満足感が得られ、嫌なことを忘れ、疼痛緩和の効果や免疫力の向上と良いこと尽くめ。

そんな効能にあずかろうと、17日(日)13時から、あいとぴ臼田でPAS出前体験講座を開催。

第44回、題して「老いも若きも小川式ダンスにトライ」です。

講師は日本振付家協会理事で振付家・ダンサーの小川こういち先生(東京)。

そう言えば、前日の高橋先生も小川先生も還暦を過ぎて〇〇年、いやダンスの効能か、超若美男美熟女…。

ちょいと古いですが、浪越徳次郎先生の”押せば”、いや踊れば「生命の泉わく!!!」

今年も残すところ2週間、寒さや風邪に負けないで良い年の瀬を迎えましょう。

 

スターキッズ写真1P1050182

 

P1050367t 



賑やかに、地域の音楽が結集

2017.12.10

 

今年も「大きな輪となれジョイントコンサート」が、

10日(日)13:30~ 佐久市コスモホールで行われました。

主催は大きな輪となれジョイントコンサート​実行委員会、私ども佐久市文化事業団も構成団体の一つです。

前日から入念なリハーサルが繰り返され、第6回目となる晴れの本番を迎えました。

プログラムは3部からなっており、

〈第1部〉管弦楽(東京都交響楽団団友会オーケストラ)

〈第2部〉中学・高等学校吹奏楽部(市内4校)の演奏と東京都交響楽団団友会オーケストラとの合奏

〈第3部〉合唱(管弦楽 東京都交響楽団団友会オーケストラ)

      佐久少年少女合唱団・佐久創造館合唱団・野沢中学校合唱部

〈第1部〉と〈第3部〉の指揮者は今後の活躍が期待されている和田一樹さん。

各学校吹奏楽部の皆さんは事前に楽器ごとのクリニック(演奏の指導)を受けての出演、

指導を受けたプロ奏者との共演はなかなか見事でした。

また少年少女合唱団も結成3年目と日はまだ浅いものの、

練習の成果がいっぱい詰まっていて何とも心を癒されました。

良く練られた楽曲構成と演奏等、曲が終わるたびに会場のお客さまから惜しみない拍手が起こります。

管弦楽・吹奏楽・合唱と盛り沢山なプログラムに嬉しいひと時を過ごされていました。

佐久地域の音楽文化の発展を掲げるジョイントコンサート、

今年もまた大きな輪を広げたんじゃないでしょうか。

P1050088

 

 

P1050112



Continuation is power

2017.12.07

「継続は力なり」、このことわざを英語で表現すると、

Persistence pays off.(粘り強さは結果につながる)

あるいは Practice makes perfect.(練習することで完璧にする)

ピッタリくる意かどうかは別にして、

これを実感できる事業が二本続きましたので記しておきます。

 

 

一つ目は”こころのミュージカル2017” 「時空をまたぐ汽笛 -佐久に鉄道を敷こう-」

平成29年11月12日(日)11:00~ 15:00~

こころのミュージカル2017写真18

 

 

 二つ目は「コスモホール佐久第九演奏会」

平成29年12月3日(日)14:00~

第九演奏会写真22

 

 

前者は第9回、後者は第17回を数える地域ではロングランな取組みです。

どちらも当佐久市文化事業団主催ですが、運営主体は各々の実行委員会が担っています。

こころのミュージカル製作委員会委員長(廣末恵子さん)、

そしてコスモホール佐久第九演奏会実行委員会委員長(田原彰人さん)の元、

多くの市民の皆さま方が参集し、日々の地道な積み重ねや鍛錬があって、

それこそ”粘り強さ”の証として公演と言う形で実を結んでいるものです。

両者の出演者はそれぞれ130名・160名を超えており、市民の文化力の底上げにも大きく貢献。

今、そして次世代を担う多くの人材も育っています。

これからも市民参加型創造事業を通じて地域文化の進展、また人材の輩出に寄与したいと思っています。

「継続は力なり」、改めて自身への問いかけともなった事業でした。



「グレン・ミラーオーケストラ」50回目の来日公演

2017.12.05

オルトン・グレン・ミラーが1937年に楽団を結成してから80年。

様々な音楽家が中心となってグレン・ミラーの音楽は大切に受け継がれ、

豊かなサウンドとオーケストラを存続させてきました。

その「ザ・グレン・ミラー・オーケストラ Japan Tour 2017」

佐久公演を11月27日(日)14時から当ホールで行いました。

シニア世代も沢山ご来場されて会場は満席、

迫力ある音楽と楽器を大きく動かす独特でアクティブなステージングに魅了されていらっしゃいました。

「ムーンライト・セレナーデ」や「イン・ザ・ムード」、「茶色の小瓶」他、全26曲

途中にMusic Directorでありヴォーカリストのニック・ヒルシャー、

同じく女性シンガーのマリアやグループヴォーカルの歌も交え、

ビッグ・バンドのスイング・ジャズを丸ごと満喫。

私自身もかってDVDで鑑賞した、映画「グレンミラー物語」に感動、

色褪せないミラー・サウンドに耳を傾けていると、

目の前に懐かしいシーンが蘇って来ました。

ああ、やっぱりGMって最高!!

 

グレンコスモホール公演3



「こころのミュージカル2017」成功裡に幕

2017.11.16

 

11月12日(日)、秋の日差しが降り注ぐコスモホールには朝から多くのお客さまです。

第9回目となる市民創作型事業「こころのミュージカル2017」

ミュージカル『時空をまたぐ汽笛 -佐久に鉄道を敷こう-』

1回目11:00~ 2回目15:00~ の2回公演です。

公演回数を重ねるごとに賑やかとなり今年もホールの外にはキッチンカーが出店

またロビーには鉄道写真展の他、製作委員会の売店、

今公演のモチーフとなっている、JR小海線・中込駅が告知用のブースを

そのお隣にはご当地人気ゆるキャラの”ハイぶりっ子ちゃん”がグッズ売場を構えるなど、

実にバラエティに富んでいました。

鑑賞する場がカーニバルのような祝祭性に包まれることは大いに結構!

「幕間や前後にお客さまを飽きさせないぞ」、そんな主催者の心意気が感じられました。

さて公演は3時間の大作、ファミリーでの鑑賞者も多いため、流石にこの長さは見直すべきだとのご指摘も。

とは言え作品への評価はおおむね好評、

地域の先人をモチーフとした佐久ゆかりの物語に惜しみない拍手を頂戴しました。

演出として関わった私もホッと一安心です。

いよいよ来年「こころのミュージカル」は10周年の節目を迎えます。

まだ幕が降りたばかりですが12月中旬には早速、作品決定など準備を開始予定。

どんな舞台でお客さまをお迎えすることになるのか、

また節目の年にどうメモリアルな取り組みをして行くのか、

気持ちはもう”鬼が笑うかもしれない”来年に向いています。

 

23557971_1976623159222979_2120104055_o

 

23558078_1976629475889014_1601855717_o

 

23601021_1976629399222355_1560944914_o

 



前の5件≫