トップページ > 館長のヒトリゴト

館長のヒトリゴト

Continuation is power

2017.12.07

「継続は力なり」、このことわざを英語で表現すると、

Persistence pays off.(粘り強さは結果につながる)

あるいは Practice makes perfect.(練習することで完璧にする)

ピッタリくる意かどうかは別にして、

これを実感できる事業が二本続きましたので記しておきます。

 

 

一つ目は”こころのミュージカル2017” 「時空をまたぐ汽笛 -佐久に鉄道を敷こう-」

平成29年11月12日(日)11:00~ 15:00~

こころのミュージカル2017写真18

 

 

 二つ目は「コスモホール佐久第九演奏会」

平成29年12月3日(日)14:00~

第九演奏会写真22

 

 

前者は第9回、後者は第17回を数える地域ではロングランな取組みです。

どちらも当佐久市文化事業団主催ですが、運営主体は各々の実行委員会が担っています。

こころのミュージカル製作委員会委員長(廣末恵子さん)、

そしてコスモホール佐久第九演奏会実行委員会委員長(田原彰人さん)の元、

多くの市民の皆さま方が参集し、日々の地道な積み重ねや鍛錬があって、

それこそ”粘り強さ”の証として公演と言う形で実を結んでいるものです。

両者の出演者はそれぞれ130名・160名を超えており、市民の文化力の底上げにも大きく貢献。

今、そして次世代を担う多くの人材も育っています。

これからも市民参加型創造事業を通じて地域文化の進展、また人材の輩出に寄与したいと思っています。

「継続は力なり」、改めて自身への問いかけともなった事業でした。



「グレン・ミラーオーケストラ」50回目の来日公演

2017.12.05

オルトン・グレン・ミラーが1937年に楽団を結成してから80年。

様々な音楽家が中心となってグレン・ミラーの音楽は大切に受け継がれ、

豊かなサウンドとオーケストラを存続させてきました。

その「ザ・グレン・ミラー・オーケストラ Japan Tour 2017」

佐久公演を11月27日(日)14時から当ホールで行いました。

シニア世代も沢山ご来場されて会場は満席、

迫力ある音楽と楽器を大きく動かす独特でアクティブなステージングに魅了されていらっしゃいました。

「ムーンライト・セレナーデ」や「イン・ザ・ムード」、「茶色の小瓶」他、全26曲

途中にMusic Directorでありヴォーカリストのニック・ヒルシャー、

同じく女性シンガーのマリアやグループヴォーカルの歌も交え、

ビッグ・バンドのスイング・ジャズを丸ごと満喫。

私自身もかってDVDで鑑賞した、映画「グレンミラー物語」に感動、

色褪せないミラー・サウンドに耳を傾けていると、

目の前に懐かしいシーンが蘇って来ました。

ああ、やっぱりGMって最高!!

 

グレンコスモホール公演3



「こころのミュージカル2017」成功裡に幕

2017.11.16

 

11月12日(日)、秋の日差しが降り注ぐコスモホールには朝から多くのお客さまです。

第9回目となる市民創作型事業「こころのミュージカル2017」

ミュージカル『時空をまたぐ汽笛 -佐久に鉄道を敷こう-』

1回目11:00~ 2回目15:00~ の2回公演です。

公演回数を重ねるごとに賑やかとなり今年もホールの外にはキッチンカーが出店

またロビーには鉄道写真展の他、製作委員会の売店、

今公演のモチーフとなっている、JR小海線・中込駅が告知用のブースを

そのお隣にはご当地人気ゆるキャラの”ハイぶりっ子ちゃん”がグッズ売場を構えるなど、

実にバラエティに富んでいました。

鑑賞する場がカーニバルのような祝祭性に包まれることは大いに結構!

「幕間や前後にお客さまを飽きさせないぞ」、そんな主催者の心意気が感じられました。

さて公演は3時間の大作、ファミリーでの鑑賞者も多いため、流石にこの長さは見直すべきだとのご指摘も。

とは言え作品への評価はおおむね好評、

地域の先人をモチーフとした佐久ゆかりの物語に惜しみない拍手を頂戴しました。

演出として関わった私もホッと一安心です。

いよいよ来年「こころのミュージカル」は10周年の節目を迎えます。

まだ幕が降りたばかりですが12月中旬には早速、作品決定など準備を開始予定。

どんな舞台でお客さまをお迎えすることになるのか、

また節目の年にどうメモリアルな取り組みをして行くのか、

気持ちはもう”鬼が笑うかもしれない”来年に向いています。

 

23557971_1976623159222979_2120104055_o

 

23558078_1976629475889014_1601855717_o

 

23601021_1976629399222355_1560944914_o

 



大好評のランチタイムコンサート

2017.10.28

佐久市文化事業団と佐久市振興公社が協同で開催しているこの「ランチタイムコンサート」

ーお昼のひと時をちょっと贅沢に― と、今年の6月から始まった新しいアウトリーチ事業です。

企画にあたって、「お昼の時間帯では人が来ないんじゃ」、

あるいは「聞きなれない名前だし」、「毎月は難しいのでは?」等々の意見もありました。

何事も新しいことには不安や反対が付きまとうもの。

丁寧に演奏者の人選(将来に期待を寄せる若手や新人も可能な限り登用)

及び準備を重ねて第1回目を迎えました。

お陰様でスタートから150名を超えるお客さまをお迎えし、

常に来場者はこれを下回ることなく推移しています。

多くのお客さまが「お昼のひと時が良い」、「幼子と一緒に来られる」、

「手ごろで親しみやすいコンサートだ!」など嬉しいお言葉もたくさん頂戴しています。

まだお聴きになられたことがないなら、是非一度お出かけになられては如何でしょう。

毎月月末の金曜日(プレミアムフライデー)の12:10~12:40(約30分間)

会場は佐久平駅にほど近い佐久平交流センターです。

音楽事業のみならず、これからも勇気をもって、

様々なジャンルの新しい事業にもチャレンジしてまいります。ご期待ください。

 

information

 

11月24日(金)の出演は、川崎妃奈子さん(ヴァイオリン)と松橋朋潤さん(ピアノ)です。

※出演者等の詳細はチラシをご覧ください

 

 

P1040144

 

P1040145

 

P1040573

 

P1040594

 

P1040762

 

P1040788

 

 

 

 



「こころのミュージカル2017」舞台製作発表

2017.08.27

いよいよ市民参加ミュージカルのお稽古が始まります。

そして今日8月27日(日)11時から、コスモホール(小ホール)で舞台製作発表が行われました。

作品名はミュージカル「時空(とき)をまたぐ汽笛 -佐久に鉄道を敷こう-」です。

製作発表には、当文化事業団から佐久市教育長の楜澤晴樹副理事長、そして演出を担当する私、

実行委員会製作委員長の廣末恵子さん、脚本を担当した廣末晋介さん等が出席。

ご挨拶と合わせ製作について各々の言葉で語ってもらいました。

昨年に続いて今年も”佐久の先人”を主人公にした物語です。

佐久に鉄道を敷こうとする先人たち、それを快く思わない対抗勢力、翻弄される住民たち。

この大正時代の出来事に平成に生きる一人の少女が時空をまたいで行ってしまった。

何故!? どうやって!​  …それは舞台を観てのお楽しみ。

さて私たちは普段の暮らしの中で相手の気持ちや思いが分からなくなってしまうことって、ありますよね。

これも今回のミュージカルのテーマ、見どころの一つとなっています。

回を重ねて第9回目となる「こころのミュージカル2017」、円熟味を増した出演者・スタッフ一同、

一丸となって素晴らしい舞台を作り上げてまいりますのでどうぞご期待ください!

 

information  

 

ミュージカル「時空(とき)をまたぐ汽笛 -佐久に鉄道を敷こう-」

平成29年11月12日(日)コスモホール(大ホール) 1回目:11時開演  2回目:15時開演

料金:前売 2,000円【全席指定】  当日 2,500円

 

P1040224

 

P1040232

 

P1040248



≪次の5件 | 前の5件≫